旦那マルちゃんと新しくファミリーに加わったべべのロッちゃん(2009年2月生まれ)と、弟・ルー(2010年8月生まれ)のはちゃめちゃパリ生活。


by roccken
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

出産費用はおいくら万円?!

ルーゴローです! ヨロシク~♪
b0169861_123293.jpg

キタァーーーーーーーーーーーーーーーっ ! !
今日の最高気温 11度
最低予想気温・・・・ 0度 ! Σ(゜ロ゜;)!! 

もう いっきなりきましたよっ!   今外出てびっくらこきました。 
いやぁ~~~~~~~~    さぶいんですよ さすがにっ!
ついこの間 母のいたころまでは何だかポカポカしちゃって
「いや~毎日いいお天気ねぇ~♪」なんて言ってたのに・・・

おパリは秋をすっ飛ばして、いきなり冬に突入しちゃいそうな勢いございます。



新しいアパートに引っ越して、在仏8年目にしてはじめて憧れの"中央暖房"
恩恵を受けたかぁーちゃん・・・
10月に入ってから何だか家の中がポカポカしてて、いい感じ!
自腹で家の電気暖房をつけるとなれば、寒さの限界までこらえて(超貧乏くさい?!)
も~う ダメってなってスイッチ入れてましたけど、中央暖房なら勝手に家をポカポカ
にしてくれて、電気代もかからないときちゃー 
良いこと尽くめじゃあ~りませんか060.gif

っで ですね、10月から頼みもしないのに家中ポカポカだった訳なんです!
おマルちゃんなんかそれじゃなくても体温高いのに、この勝手にポカポカ
「暑くて眠れねぇーーー! 」と吠えるしまつ。。。



だのに、だのにですよっ!
ここ2~3日前から中央暖房さん・・・   お休み。
何故なんでしょうか?!
今日なんて さっ、最低気温0度なんすよ!
今日点けないで、いつ点ける って話ですよー!
しかも日曜で皆さんお休みで家にいるわけでしょ?!
誰か文句言いに行ってくれないかなぁ~~~(自分で行けよって?!)

そんなあてにならない中央暖房さん・・・ 
憧れていたのに・・・
失望です。
b0169861_134531.jpg

先ほど、うちの二匹の怪獣たちが奇跡的にも同時に夢の中に入っていきましたので、かぁーちゃん 至福タイムに突入したいと思いま~す♪  うっしっしっ!

ちょっとブルブルしながらブログっています。




さてさて、先日ルーを産んだクリニックから請求書が届いてビックラ仰天!
大慌てしたばかりなので、フランスでの出産費用の話でも、ちょっと。。。

かぁーちゃんの産婦人科の先生に出産に立ち会ってもらえる為
ロッちゃんの時は迷わず先生の紹介でクリニックで出産することに決めました。
病院での出産はタダのフランス・・・ スバラシイデスヨネ~♪
でも、私立のクリニックでとなるとセキュ(国民健康保険?!)でカバーされない部分を一部自己負担になります。
でも、初産だったし 普段見てもらっている先生が担当してくれる事、
クリニックの設備がキレイで整っている事なんかを考えたら一部負担も仕方ないか、っと。

結局、ロッちゃまの時はDrに600ユーロ 麻酔医に600ユーロ
計 1200ユーロの負担でしたが、なにより精神的に安心して出産にいどむ(?)
事ができたので良しとしました。


っで、ルーを妊娠したときも「また同じクリニックで・・・」っと
のんびり構えていたんですがぁ。。。
妊娠後期になって、一家でイタリアにバカンス。その後、私とロッちゃんは日本へ・・・
しかもですねぇ、まんまと飛行機に乗り遅れ 日本行きのチケットを2度買うはめになったり(大失態・・・;) 引越ししたり、新しい家の為に家具を何から何まで買い揃えたりで・・・
ザ・貧乏のどん底。。。




っで焦ったあたしとおマル・・・  産婦人科の先生に「あのーいまさらなのは百も承知なんですが・・・病院での出産に変更したいのですがぁ」と私達の恥ずかし~いお財布事情を説明すると、先生もさすがに「今から受け入れてくれる病院はないよー」と困り顔。

っで、優しいおじぃーちゃん先生の出した答えは、、、

なっ なんと
「スペシャルプライスにし・て・あ・げ・る053.gifでしたっ!(爆)


手術費に スッ スペシャルって・・・?Σ(゜ロ゜;)!! 


おマルいわく  「麻酔の量とかエコノミーな量にされるんじゃん?!」とか
脅されたんですがぁ、
先生のやさし~い鶴の一声で 先生に半額プライスの300ユーロ、
麻酔医にも半額の300ユーロ  計600ユーロで商談成立~☆★☆

手術費用が交渉可能(?)とは・・・   かぁーちゃん初めて知りましたっ! !

っで ですね, かぁーちゃんもお財布の心配する事なく もぉー思う存分 踏んばれる
って思っていた矢先・・・




サカゴ発覚 !!





先生 「この時期に逆子じゃ もう帝王切開だね~」
あたし 「えっ ・・・・・・・・・・ 恐怖のどん底

先生 「あっ、でもね帝王切開だったら保険が利くから、費用タダになるよ!」
あたし&おマル 「えぇぇぇーーーー タダっすか?!」





そんな訳で、帝王切開万歳~ 060.gif

ロッちゃん家の財政を救う為、かぁーちゃん腹を切る覚悟を固めたのでしたぁ=333




そして、次男・ルーゴロー 無事"ハラキリの刑"で出産★



後日届いたクリニックからの請求書を見てビックリ!
先生に1200ユーロ 麻酔医に600ユーロ アシスタントについていた小児科の先生に600ユーロ・・・その他もろもろで、計5000ユーロちょっと。
先生保険が利くのをいいことに、これまたスペシャルプライスを
どどぉーーんと ちゃっかりチャージしてましたっ!(爆)

これが全部セキュとミュチュエルで払い戻してくれるんですから・・・
Viva la France ! ! !

めるしぃーぼくー♪



その後、案の定マルちゃんとミュチュエルの間で"払い戻す戻さない"の大モメ勃発! っとなったのは言うまでもない・・・
フランスさんのシステムって、実にすばらしいのですが、、、
お金をもらう段階になると毎回もめ事になるのはどぉーして何でございましょうか?!

文句言って、文句言って・・・ 疲れ果てた後 やっと払い戻し成立・・・

なんとも疲れるお国です。 ハァ~~~
[PR]
by roccken | 2010-10-18 00:32 | ひとり言